【練習会について 神奈川県在住・在学の高校3年生へ】

最初にお願いです。想像力を大きく拡げて、このメッセージを読んでください。

 

 先日、ホームページや Facebook で検温や体調チェックをお願いしました。そのため、多くの方が試合を予想されたと思います。 ですが、まずは練習会から始めます。なぜなら、まだ練習を再開できていない方がいるはずだからです。スイミングスクールに通っている方や、営業を再開した公共プールの近くにお住まいの方は、すでに泳げているかもしれません。しかし、公立高校に通う多くの水泳部員の方は、まったく泳げていないと思います。そのような状況で、試合を実施することはできません。  

 まずは、泳ぐことの楽しさや素晴らしさを確認することから始めさせてください。7月4日の練習会が問題なく開催され、感染者を出さずに終わることができれば、8月8日予定の試合に向けて大きく前進することができます。3年生の皆様は、7月4日まで、生活を見直してください。ご家族にも協力をお願いしてください。絶対に感染しないでください。  

 想像力を膨らませる事が、自らの感染リスクを下げることに繋がるはずです。ただ怖がるのではなく、どうすれば感染しないかを積極的に考えて行動してください。自らが感染しないようにした上で、自分の周りの人も感染させないようにするにはどうすればよいか考えてください。
 「想像力」は「創造力」です。若さあふれる皆様の、無限の想像力を膨らませてください。皆様の想像力が、感染リスクを下げた大会運営を創り出します。 想像力は相手を思いやる気持ちにもなります。世界中の人が想像力を膨らませることができれば、感染症の急速な拡大と世界中の多くの問題が解決に向かうかもしれません。全ての人々が想像力を膨らませ相手を思いやることができれば、きっと解決することでしょう。創造力を無限に膨らませ、信頼関係を創造しましょう。  

2020年7月4日、皆様にお会いできることを楽しみにしています。

相模原市水泳協会

2020年06月20日